(株)クラウドトレーディング   ウォッチリペアセンター
時計修理専門会社

外装部品修理

ブレスレット修理 1

 

クラスプ部分修理~前

 

ご覧いただけるようにクラスプ部が折れてしまっています。以前に修理された巻き込み部分のロー付けが十分でなかったようで、それが原因だと思われます。このように、一度適当な修理をしてしまうと、後でフォローが大変になってしまいますのでご注意下さい。



 

クラスプ部分修理~後

 

まずはクラスプ部に新たに巻き込みパーツを作り、ブレス部に巻き込ませます。そして慎重にロー付けを行います。パーツを巻き込ませることにより、強度を確保し再故障を防ぎます。